森会長を増長させた新聞TV マトモな五輪報道は海外だけ

公開日: 更新日:

 すごく嫌なモノを見てしまった。4日、女性蔑視発言を撤回、謝罪した東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長。あまりに醜悪な会見に目をそらした人も多いだろう。

「五輪・パラ精神に反する不適切な表現だった」と認めたものの、どう見ても反省の色なし。「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などの発言は、「そういう話はよく聞く」とする各競技団体から「引用した」と言い張った。

 団体名を聞かれると「それは言えません」と明言を避け、根拠はあるのかと聞かれると「さあ、僕はそういうこと言う人は、どういう根拠でおっしゃったか分かりませんけど」とはぐらかす。とはいえ、公の場でそんな愚かな意見を無批判に紹介すれば、森も同意見とみなされて当然。発言の責任を棚に上げ、匿名の誰かに押しつけるようで見るに堪えない。

 森は「誤解を生んではいけないので撤回します」と堂々と言い放ったが、誰も誤解はしていない。3日のJOC臨時評議員会で飛び出した「女性理事を選ぶっていうのは文科省がうるさく言う」「女性っていうのは競争意識が強い。誰か一人が手を挙げて言われると、自分も言わないといけないと思うんでしょうね」などの暴言は、偏見に満ちた明確な女性差別だ。話が長いとか、競争意識があるかないかは、性別とは無関係である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

  10. 10

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

もっと見る