菅政権に大打撃!「差別発言」森喜朗“支持率9%男”の破壊力

公開日: 更新日:

 予算委で新年度予算の審議がスタートしたが、コロナ対策の遅れや、与党議員の“銀座クラブ活動”問題で防戦一方の菅首相。自身の長男が総務省幹部に国家公務員倫理法に反する接待をした疑惑も持ち上がり、さらには東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の暴言が新たな火種に――。

【写真】この記事の関連写真を見る(30枚)

 ◇  ◇  ◇

 森会長の女性差別発言は、4日の衆院予算委でも問題になった。

「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかる」などの発言に国内外から批判が殺到していることについて、立憲民主党の枝野代表が質問。「唖然として、女性差別という言葉では足りない発言だ」「森会長には辞めていただく、その指導力を発揮すべきではないか」と菅首相に詰め寄ったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  4. 4

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

もっと見る