姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

上海財経大学公共経済管理学院・行政管理学修士(MPA)。中国ウオッチは25年超、うち約15年を上海で過ごす。アジア・ビズ・フォーラム主宰。日刊ゲンダイでの連載などをもとに「ポストコロナと中国の世界観」(集広舎)。

ウイルスを真っ先に封じ込め“中国モデル”を世界に売り込む

公開日: 更新日:

 世界の新型コロナウイルスの感染者が1億人を超え、大混乱に陥る今、中国の独り勝ちがますます際立っている。特に医療分野では、まさに「この時を待っていた」かのような周到ぶりだ。

 中国政府が「ヒトからヒトへの感染」があることを発表したのは昨年1月20日。その3日後に武漢市がロックダウンされた。一方、中国の華安証券が発行する「新型コロナワクチン研究開発リポート」には、「(2020年)1月5日、中国人民解放軍軍事科学アカデミーの武漢ウイルス研究所は新型コロナウイルスの株の分離に成功し、ワクチンの研究開発をスタートさせた」という報告がある。

 同12日にはゲノム配列をWHOに共有している。中国共産党系メディア「環球時報」は、「12日には“謎のウイルス”は『新型コロナ』に改名され、15日には『診療実施マニュアル』の第1版が発表された」と報じていた。同14日まで日本の厚労省は「原因不明肺炎」という扱いだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る