野田聖子氏「女性蔑視発言」森会長の批判を“封印”する思惑

公開日: 更新日:

「わきまえる女」――に徹した方が得策と計算したのか。「女性蔑視」発言をした東京五輪組織委員会・森喜朗会長への批判は大きくなる一方だ。共同通信の世論調査でも、「会長として適任だと思う」は、わずか6.8%しかなかった。

 ところが、これまで政界の男社会を批判し、女性の政治参画を訴えてきた自民党野田聖子幹事長代行(60)が、森批判を封印している。森会長と近いと見られている稲田朋美衆院議員(61)が、「私は『わきまえない女』でありたい」と、ツイッターで森批判をしたのと対照的だ。

「“ポスト菅”の可能性が出てきたので、党内を敵に回す発言を控えているのでしょう。女性初の総理になりたい、という野心を隠さない野田聖子は、総裁選のたびに出馬を模索してきたが、毎回、推薦人が集まらず断念してきた。でも“ポスト菅”レースでは、推薦人を確保し、総理総裁に就く可能性が出てきた。現在、直属の上司でもある二階幹事長が、野田聖子を“ポスト菅”に担ぐのではないかと囁かれているからです。いま、森批判をすると、党内から“わきまえない女”と見られ、支持が広がらない恐れがある。だから、発言を控えているのでしょう」(自民党事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る