高野孟
著者のコラム一覧
高野孟ジャーナリスト

1944年生まれ。「インサイダー」編集長、「ザ・ジャーナル」主幹。02年より早稲田大学客員教授。主な著書に「ジャーナリスティックな地図」(池上彰らと共著)、「沖縄に海兵隊は要らない!」、「いま、なぜ東アジア共同体なのか」(孫崎享らと共著」など。メルマガ「高野孟のザ・ジャーナル」を配信中。

銀座クラブ活動に見る 国民の方を向いていない自民党議員

公開日: 更新日:

 自民党松本純(元国家公安委員長)が後輩の2議員を引き連れて銀座のクラブをハシゴして遊んでいた件で、松尾貴史が毎日新聞の週イチ人気コラム「ちょっと違和感」で、「3議員は『党に迷惑をかけた』と離党はするが『国民に迷惑をかけた』とは思っていないから議員辞職はしない」と指摘したのは、まことに鋭い。

 国会議員は、一般的にいえば主権者たる国民、具体的には自分の選挙区の有権者からの厳粛なる負託を受けて「国権の最高機関であって、国の唯一の立法機関」(憲法第41条)である国会に送り出され、この国の国家・国民の行く末についての重大な決定に携わる。そのことを思えば、胸が締め付けられるほどの緊張感に襲われるはずだが、実際にはほとんどの与党議員の視線は上目遣いに党執行部の方ばかりを向いている。

 今の与党優位の政治情勢では、党から公認を得て選挙資金を供給されれば、たいていの場合、当選はほぼ確実なので選挙では口から出まかせのようなことを言って有権者をだまくらかしておけばいいのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る