鉄槌を食らった菅自民党 麻生政権の二の舞の末路 <上>

公開日: 更新日:

 有権者のまっとうな判断にテンヤワンヤとは情けない。案里陣営には党本部から血税を含む1・5億円の巨額資金が投入され、票の取りまとめを依頼した地元議員ら100人に約2901万円が渡っていた。しかも、1・5億円の使途はいまだ明らかにされないまま。露骨な金権体質の自民を支持しようものなら、民度が問われるというものだ。

「政治とカネ」だけでなく、安倍政権から続く嘘八百、総務省違法接待問題でもハッキリした政権私物化、コロナ無策、それでいて五輪だけ強行しようとする政権によって国民の暮らしと生命はメチャクチャにされているのだ。これだけ暴政の限りを尽くせば、さすがに選挙民も目覚めるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  8. 8

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  9. 9

    熊田曜子の離婚は成立するのか?DVに詳しい弁護士に聞いた

  10. 10

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

もっと見る