ミャンマーで解放された北角裕樹さんと橋下徹氏の深い関係

公開日: 更新日:

 クーデターにより国軍が全権を掌握したミャンマーで、「フェイクニュース」を広めた罪で起訴され、刑務所に収監されていたフリージャーナリストの北角裕樹氏(45)が14日、帰国した。到着した成田空港で「ヤンゴンで起こっていることを伝えたい気持ちがあったが、帰国せざるを得なくなり、悔しい気持ちもある」と疲れた表情を見せていたが、一方でそのキャリアに注目が集まっている。「元橋下番」で、橋下徹元大阪市長肝いりの「民間人公募校長」で採用された大阪市立巽中学(生野区)の元校長だったからだ。

 ミャンマーの国営テレビは13日夜、「ミャンマーと日本の友好や今後の両国の将来の関係を考慮し、解放される」と報道。先月18日に逮捕されて以来、26日ぶりの解放となった。

 北角さんは元日本経済新聞記者で、2014年からミャンマーに移り住み、クーデターに抗議する市民のデモを取材。SNSや日本のメディアへ情報を発信していた。日経時代は社会部や消費産業部に所属。橋下が大阪府知事時代、取材した経験がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る