【京都】情勢一変で「カオス」状態…3陣営の“泥仕合”が激化

公開日: 更新日:

京都(改選数2)

○当選圏内、△拮抗でやや優勢、▲拮抗でやや劣勢。左印は政治評論家・野上忠興氏、右印は政治ジャーナリスト・泉宏氏の予想。

【写真】この記事の関連写真を見る(27枚) 

 ◇  ◇  ◇

「どうか皆さん……福山哲郎を助けて下さい!」

 気温35度超えの猛暑日だった2日夕、京都タワー前で険しい表情を浮かべて福山が訴えていた。声はかれ、顔は日焼けして真っ黒。スーツに身を固め、額は汗でグッショリだ。

 東京選挙区から出馬中の蓮舫参院議員、比例出馬の辻元前衆院議員、枝野前代表が応援に駆けつける中、約1000人の聴衆を沸かせたのは、福山の維新批判だ。維新の松井代表の「ぬるま湯の自民をピリッとさせる」という得意のフレーズを引き合いに出し、こう絶叫した。

「ピリッとさせるって、何やねんそれ! ワケ分からんやろッ! そんな生半可なこと言ってるから野党か与党か分からないんですよ!」

 さらに、「大阪の改革を京都で」と訴える楠井陣営を念頭に「京都のことは京都で決めましょう!」と声を張り上げた。

 改選数2の京都は、序盤こそ自民の元京都市議・吉井が優勢で、残る1議席を福山と楠井が争う構図だったが、中盤に情勢は一変。楠井が支持を伸ばす一方、吉井が沈み始めた。3陣営が横一線となり、“泥仕合”が激化している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず