姫田小夏
著者のコラム一覧
姫田小夏ジャーナリスト

上海財経大学公共経済管理学院・行政管理学修士(MPA)。中国ウオッチは25年超、うち約15年を上海で過ごす。アジア・ビズ・フォーラム主宰。日刊ゲンダイでの連載などをもとに「ポストコロナと中国の世界観」(集広舎)。

ペロシ米下院議長の訪台で、ついに中国は「米国の罠」にハマるのか

公開日: 更新日:

【緊急連載】どうなる中台関係 ペロシ氏訪台の衝撃(上)

 7月9日、都内で開かれた学会で、国際関係論の専門家がこう述べた。

「米国は台湾戦争をやりたがっており、習近平が逃れられない罠を仕掛けてくる可能性がある。中国にとって『やらずにいられないシナリオ』で正面からの戦争になる」──。

 8月2日、米大統領の継承順位2位のペロシ米下院議長が専用機で台湾に到着した。この訪台、中国にとって逃れられない“米国の罠”となるのか。

 祖父の代から日本に住む、中国と台湾の両方に詳しい“複眼的中国ウオッチャー”の李曼氏(仮名)は、ペロシ氏が乗った飛行機が台北の空港へ到着するのを、手に汗握って見守っていた。

 大物の訪台となれば鳴り物入りで大宣伝するのが台湾流だが、今回は慎重だった。それは「中国への刺激を避けたいからに他ならない」と李氏は言う。ペロシ氏の訪台計画は6月にも浮上したが、このとき台湾は訪台を拒否している。今回実行されたのは、11月に控える台湾の統一地方選挙があるためか。李氏は「与党民進党は、中国の出方を睨みながら、ペロシ氏の訪問が選挙戦にプラスに働くか、イチかバチかの賭けに出たとも受け取れる」と話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか