原監督vs落合GM 西武・片岡巡ってガチンコバトル勃発

公開日: 更新日:

 厄介さでいえば、楽天以上だろう。日本シリーズの相手が決まり、「怖いのはマー君だけ。戦力的にも経験的にも、巨人が上だと自信を持っていい。臆するところはなにもない」と、某選手。チーム内は決戦ムードが高まっているが、グラウンド外の戦いでは“苦戦”を強いられそうだ。

「今季、国内FA権を取得した西武の片岡(治大(やすゆき)=30)を獲得すべく、中日が調査を始めている。落合中日を支えた井端、荒木のセンターラインも2人がそれぞれ、来年で39歳、37歳を迎え、衰えが見える。谷繁新監督が<投手を中心とした守りを強化し、負けないチームをつくる>と言っているように、片岡は中日再建に不可欠な人材。水面下ではすでに動き出しています」(球界関係者)

 片岡に関しては、以前から巨人入りのウワサがあった。圧倒的な戦力を誇るとはいえ、二塁のポジションは何年も前から補強ポイントとされている。脇谷、藤村、寺内らがレギュラーをつかみかけながら、結局、いまだに固定できていない。一昨年から、トレードによる片岡獲得が何度も囁かれた。09年WBCで日本代表入りした片岡を、そのときの指揮官だった原監督が高く評価しているのはもちろん、そのWBCで親交を深めた主将の阿部慎之助も「ヤス」と下の名前で呼び、互いに認め合う関係。その阿部が、巨人が来季以降も3連覇、4連覇と優勝を続けていく上で必要な戦力になると、獲得をバックアップするつもりでいるというから、こちらも本気と考えていいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  9. 9

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  10. 10

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

もっと見る