KOなら10万円も…西武・森友哉を待ち受ける伊原監督の「罰金禍」

公開日: 更新日:

「自分には厳しい監督がちょうどいい」

 西武から1位指名された森友哉(大阪桐蔭高=18)。伊原新監督は厳しい人だと言われると、こう答えて周囲の笑いを誘ったが、実際に入団してもヘラヘラしていられるか。

 なにしろ伊原監督は筋金入りの罰金好き。西武コーチ時代は森監督の許可も得ずに、清原や秋山らの主力から山ほど罰金を取っていたとか。それも10万円や20万円ではきかない金額だという。

オリックスの監督時代も、そりゃ、ヒドいもんだった。例えば、先発にも罰金を科すんです。しかも、五回までにKOされたら10万円なんてこともあったらしい」(放送関係者)

 この年(04年)、オリックスは3年連続最下位。特にダイエー戦は4勝23敗で、同一カード最多敗戦記録をつくったほど。チーム防御率は5.65。中でも投手陣がヒドかったとはいえ、五回までにKOで罰金ではたまったもんじゃないと、さすがに主力投手たちがキレた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  6. 6

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  7. 7

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  8. 8

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

もっと見る