KOなら10万円も…西武・森友哉を待ち受ける伊原監督の「罰金禍」

公開日:  更新日:

「自分には厳しい監督がちょうどいい」

 西武から1位指名された森友哉(大阪桐蔭高=18)。伊原新監督は厳しい人だと言われると、こう答えて周囲の笑いを誘ったが、実際に入団してもヘラヘラしていられるか。

 なにしろ伊原監督は筋金入りの罰金好き。西武コーチ時代は森監督の許可も得ずに、清原や秋山らの主力から山ほど罰金を取っていたとか。それも10万円や20万円ではきかない金額だという。

「オリックスの監督時代も、そりゃ、ヒドいもんだった。例えば、先発にも罰金を科すんです。しかも、五回までにKOされたら10万円なんてこともあったらしい」(放送関係者)

 この年(04年)、オリックスは3年連続最下位。特にダイエー戦は4勝23敗で、同一カード最多敗戦記録をつくったほど。チーム防御率は5.65。中でも投手陣がヒドかったとはいえ、五回までにKOで罰金ではたまったもんじゃないと、さすがに主力投手たちがキレた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る