KOなら10万円も…西武・森友哉を待ち受ける伊原監督の「罰金禍」

公開日:  更新日:

「自分には厳しい監督がちょうどいい」

 西武から1位指名された森友哉(大阪桐蔭高=18)。伊原新監督は厳しい人だと言われると、こう答えて周囲の笑いを誘ったが、実際に入団してもヘラヘラしていられるか。

 なにしろ伊原監督は筋金入りの罰金好き。西武コーチ時代は森監督の許可も得ずに、清原や秋山らの主力から山ほど罰金を取っていたとか。それも10万円や20万円ではきかない金額だという。

「オリックスの監督時代も、そりゃ、ヒドいもんだった。例えば、先発にも罰金を科すんです。しかも、五回までにKOされたら10万円なんてこともあったらしい」(放送関係者)

 この年(04年)、オリックスは3年連続最下位。特にダイエー戦は4勝23敗で、同一カード最多敗戦記録をつくったほど。チーム防御率は5.65。中でも投手陣がヒドかったとはいえ、五回までにKOで罰金ではたまったもんじゃないと、さすがに主力投手たちがキレた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る