KOなら10万円も…西武・森友哉を待ち受ける伊原監督の「罰金禍」

公開日: 更新日:

「自分には厳しい監督がちょうどいい」

 西武から1位指名された森友哉(大阪桐蔭高=18)。伊原新監督は厳しい人だと言われると、こう答えて周囲の笑いを誘ったが、実際に入団してもヘラヘラしていられるか。

 なにしろ伊原監督は筋金入りの罰金好き。西武コーチ時代は森監督の許可も得ずに、清原や秋山らの主力から山ほど罰金を取っていたとか。それも10万円や20万円ではきかない金額だという。

オリックスの監督時代も、そりゃ、ヒドいもんだった。例えば、先発にも罰金を科すんです。しかも、五回までにKOされたら10万円なんてこともあったらしい」(放送関係者)

 この年(04年)、オリックスは3年連続最下位。特にダイエー戦は4勝23敗で、同一カード最多敗戦記録をつくったほど。チーム防御率は5.65。中でも投手陣がヒドかったとはいえ、五回までにKOで罰金ではたまったもんじゃないと、さすがに主力投手たちがキレた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  3. 3

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  4. 4

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  10. 10

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

もっと見る