阪神の新助っ人 マウロ・ゴメスに漂うホームラン王の可能性

公開日: 更新日:

「ひょっとしたら」と思わせる助っ人だ。
 今季の阪神は12球団最少の82本塁打。531得点はリーグ5位。シーズン終盤は貧打により苦戦を強いられた。そこで来季の4番候補として狙っているのが米大リーグ・ナショナルズのマウロ・ゴメス内野手(29=右投げ右打ち)。今季はブルージェイズ傘下3Aで29本塁打を放ち、9月に入ってからナショナルズに拾われた大砲との契約合意は近いという。

 今年のコンラッドはほとんど二軍暮らし。一軍出場はたったの24試合(打率.175、本塁打0、打点0)に終わった。ゴメスは長打力はありそうだが、阪神の力になれるのか。メジャーリーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏がこういう。

「ゴメスは昨年、レッドソックス傘下の3Aで100試合に出場し24本塁打。3AインターナショナルリーグでMVPになった強打者です。昨年5月には、27歳でメジャー昇格。主にオーティズの代わりにDHに入り37試合に出場し2本塁打している。今季はブルージェイズ3Aで自己最多の29本塁打を記録。ミート力もあるので打率も残せるし、パワーも文句なしです。速球とチェンジアップに弱いというデータがある一方で、スライダーやカーブ、スプリッターなどの変化球は苦にしない。日本の投手に対応できるのではないか。ただし守り、脚力、肩は最低レベル。一塁と三塁が守れるといっても投手泣かせの野手です。はっきり言えばDH向きの選手です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る