阪神の新助っ人 マウロ・ゴメスに漂うホームラン王の可能性

公開日: 更新日:

「ひょっとしたら」と思わせる助っ人だ。
 今季の阪神は12球団最少の82本塁打。531得点はリーグ5位。シーズン終盤は貧打により苦戦を強いられた。そこで来季の4番候補として狙っているのが米大リーグ・ナショナルズのマウロ・ゴメス内野手(29=右投げ右打ち)。今季はブルージェイズ傘下3Aで29本塁打を放ち、9月に入ってからナショナルズに拾われた大砲との契約合意は近いという。

 今年のコンラッドはほとんど二軍暮らし。一軍出場はたったの24試合(打率.175、本塁打0、打点0)に終わった。ゴメスは長打力はありそうだが、阪神の力になれるのか。メジャーリーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏がこういう。

「ゴメスは昨年、レッドソックス傘下の3Aで100試合に出場し24本塁打。3AインターナショナルリーグでMVPになった強打者です。昨年5月には、27歳でメジャー昇格。主にオーティズの代わりにDHに入り37試合に出場し2本塁打している。今季はブルージェイズ3Aで自己最多の29本塁打を記録。ミート力もあるので打率も残せるし、パワーも文句なしです。速球とチェンジアップに弱いというデータがある一方で、スライダーやカーブ、スプリッターなどの変化球は苦にしない。日本の投手に対応できるのではないか。ただし守り、脚力、肩は最低レベル。一塁と三塁が守れるといっても投手泣かせの野手です。はっきり言えばDH向きの選手です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る