阪神オマリーの指導力に現場コーチ陣も戦々恐々

公開日: 更新日:

 熱血指導に現場も戦々恐々か。

 1日に始まった阪神の秋季キャンプで、オマリー打撃コーチ補佐が精力的に動いた。まだ初日だというのに、フリー打撃中はケージ裏で2時間、打者を観察。伊藤隼や森田ら若手を呼び止めて、身ぶり手ぶりを交えながら、熱心に指導を行った。

 森田には「上半身を動かしすぎないように。ボールへの反応が遅れる」と語ったオマリーコーチ補佐。打撃コーチ補佐とはいえ、本来の役割は外国人打者のケアがメーンだ。それでも、今季はリーグ最下位のチーム本塁打82本、同5位の503打点と貧打に悩んだだけに、この元助っ人のアドバイスに期待する声は多い。

 とはいえ、そんなオマリーコーチ補佐が結果を出せば、肩身が狭くなるのが現場のコーチ陣だ。なにせ、オマリーコーチ補佐は02年春季キャンプ中に臨時打撃コーチに就任すると、そのまま特命コーチとしてシーズン中もチームに帯同。主にアリアスの面倒を見ながら指導を続けると、03年はリーグトップのチーム打率.287、695打点と、ダメ虎の変貌に貢献した。

 今回も「コーチ補佐」の指導で打線が生まれ変わり、若手が伸びれば、それこそ「打撃コーチは何だったのか」という話になりかねない。関川、高橋両打撃コーチは、うかうかしていられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  8. 8

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る