阪神オマリーの指導力に現場コーチ陣も戦々恐々

公開日: 更新日:

 熱血指導に現場も戦々恐々か。

 1日に始まった阪神の秋季キャンプで、オマリー打撃コーチ補佐が精力的に動いた。まだ初日だというのに、フリー打撃中はケージ裏で2時間、打者を観察。伊藤隼や森田ら若手を呼び止めて、身ぶり手ぶりを交えながら、熱心に指導を行った。

 森田には「上半身を動かしすぎないように。ボールへの反応が遅れる」と語ったオマリーコーチ補佐。打撃コーチ補佐とはいえ、本来の役割は外国人打者のケアがメーンだ。それでも、今季はリーグ最下位のチーム本塁打82本、同5位の503打点と貧打に悩んだだけに、この元助っ人のアドバイスに期待する声は多い。

 とはいえ、そんなオマリーコーチ補佐が結果を出せば、肩身が狭くなるのが現場のコーチ陣だ。なにせ、オマリーコーチ補佐は02年春季キャンプ中に臨時打撃コーチに就任すると、そのまま特命コーチとしてシーズン中もチームに帯同。主にアリアスの面倒を見ながら指導を続けると、03年はリーグトップのチーム打率.287、695打点と、ダメ虎の変貌に貢献した。

 今回も「コーチ補佐」の指導で打線が生まれ変わり、若手が伸びれば、それこそ「打撃コーチは何だったのか」という話になりかねない。関川、高橋両打撃コーチは、うかうかしていられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る