阪神オマリーの指導力に現場コーチ陣も戦々恐々

公開日:  更新日:

 熱血指導に現場も戦々恐々か。

 1日に始まった阪神の秋季キャンプで、オマリー打撃コーチ補佐が精力的に動いた。まだ初日だというのに、フリー打撃中はケージ裏で2時間、打者を観察。伊藤隼や森田ら若手を呼び止めて、身ぶり手ぶりを交えながら、熱心に指導を行った。

 森田には「上半身を動かしすぎないように。ボールへの反応が遅れる」と語ったオマリーコーチ補佐。打撃コーチ補佐とはいえ、本来の役割は外国人打者のケアがメーンだ。それでも、今季はリーグ最下位のチーム本塁打82本、同5位の503打点と貧打に悩んだだけに、この元助っ人のアドバイスに期待する声は多い。

 とはいえ、そんなオマリーコーチ補佐が結果を出せば、肩身が狭くなるのが現場のコーチ陣だ。なにせ、オマリーコーチ補佐は02年春季キャンプ中に臨時打撃コーチに就任すると、そのまま特命コーチとしてシーズン中もチームに帯同。主にアリアスの面倒を見ながら指導を続けると、03年はリーグトップのチーム打率.287、695打点と、ダメ虎の変貌に貢献した。

 今回も「コーチ補佐」の指導で打線が生まれ変わり、若手が伸びれば、それこそ「打撃コーチは何だったのか」という話になりかねない。関川、高橋両打撃コーチは、うかうかしていられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る