• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

阪神オマリーの指導力に現場コーチ陣も戦々恐々

 熱血指導に現場も戦々恐々か。

 1日に始まった阪神の秋季キャンプで、オマリー打撃コーチ補佐が精力的に動いた。まだ初日だというのに、フリー打撃中はケージ裏で2時間、打者を観察。伊藤隼や森田ら若手を呼び止めて、身ぶり手ぶりを交えながら、熱心に指導を行った。

 森田には「上半身を動かしすぎないように。ボールへの反応が遅れる」と語ったオマリーコーチ補佐。打撃コーチ補佐とはいえ、本来の役割は外国人打者のケアがメーンだ。それでも、今季はリーグ最下位のチーム本塁打82本、同5位の503打点と貧打に悩んだだけに、この元助っ人のアドバイスに期待する声は多い。

 とはいえ、そんなオマリーコーチ補佐が結果を出せば、肩身が狭くなるのが現場のコーチ陣だ。なにせ、オマリーコーチ補佐は02年春季キャンプ中に臨時打撃コーチに就任すると、そのまま特命コーチとしてシーズン中もチームに帯同。主にアリアスの面倒を見ながら指導を続けると、03年はリーグトップのチーム打率.287、695打点と、ダメ虎の変貌に貢献した。

 今回も「コーチ補佐」の指導で打線が生まれ変わり、若手が伸びれば、それこそ「打撃コーチは何だったのか」という話になりかねない。関川、高橋両打撃コーチは、うかうかしていられない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る