アイスホッケー女子の意気軒昂 「連盟の混乱は関係ない」

公開日:  更新日:

「ソチまであと3カ月。しっかり4勝して五輪に臨みたい」
 
 アイスホッケー女子日本代表の主将・大沢ちほ(21)が笑顔でこう話した。

 5カ国対抗戦(7~10日、新横浜スケートセンター)を前に、女子代表が練習を公開。パワープレーなどの実戦練習を中心に約2時間の調整を行った。

 大沢は練習後「今回は五輪につながる大会なので結果を残したい。自分たちの持ち味であるスピードを生かせれば」と真剣な表情を見せた。

 今年2月の世界最終予選(スロバキア)を突破し、史上初めて五輪出場権を得た(98年長野は開催国枠)。「スマイルジャパン」の愛称で親しまれ、メンバーの大半がアルバイトをするなど恵まれない環境で競技に励む姿が話題を呼んだ。

 日本アイスホッケー連盟はいま、上層部の混乱で揺れている。“現会長派”と“新会長派”が強化部長の人選などを巡って対立しているのだ。関係者の話を総合すると、単なる派閥争い。五輪出場を決め、スポンサーや強化費の使途などを巡って理事らが揉めて内紛に発展したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る