アイスホッケー女子の意気軒昂 「連盟の混乱は関係ない」

公開日: 更新日:

「ソチまであと3カ月。しっかり4勝して五輪に臨みたい」
 
 アイスホッケー女子日本代表の主将・大沢ちほ(21)が笑顔でこう話した。

 5カ国対抗戦(7~10日、新横浜スケートセンター)を前に、女子代表が練習を公開。パワープレーなどの実戦練習を中心に約2時間の調整を行った。

 大沢は練習後「今回は五輪につながる大会なので結果を残したい。自分たちの持ち味であるスピードを生かせれば」と真剣な表情を見せた。

 今年2月の世界最終予選(スロバキア)を突破し、史上初めて五輪出場権を得た(98年長野は開催国枠)。「スマイルジャパン」の愛称で親しまれ、メンバーの大半がアルバイトをするなど恵まれない環境で競技に励む姿が話題を呼んだ。

 日本アイスホッケー連盟はいま、上層部の混乱で揺れている。“現会長派”と“新会長派”が強化部長の人選などを巡って対立しているのだ。関係者の話を総合すると、単なる派閥争い。五輪出場を決め、スポンサーや強化費の使途などを巡って理事らが揉めて内紛に発展したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  6. 6

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る