• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

FA権行使の西武・片岡争奪戦 楽天は本人希望と一致せず脱落か

 西武の片岡治大(30)と涌井秀章(27)が7日、球団に国内FA権を行使する意向を伝えた。記者会見で「シンプルに自分の評価を聞きたかった。挑戦するなら今かなと思った」と話した片岡には巨人のほか、中日や楽天も興味を示しているといわれている。

「球団はともかく、片岡に関しては現場の評価が高い。09年の第2回WBCで監督、選手として戦った原監督はもちろん、主将の阿部慎之助も片岡を認めている。片岡は千葉出身で栃木の宇都宮学園から東京ガスを経て西武入りしただけに、関東球団への移籍を希望していると聞いています」(巨人OB)

 片岡は会見で「ポジションはどこでもいい。試合に多く出られることが一番」と言った。楽天は遊撃に松井、二塁には藤田がいる。シーズン、日本シリーズで名前を売って大ブレークした藤田はこの日、ゴールデングラブ賞も初受賞。12球団ナンバーワン二塁手の呼び声が高く、仮に片岡が入っても「2番手」の扱いになる。「必要とされること」「出場機会が多いこと」を移籍の条件に挙げる片岡の希望には合致しない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る