拾う神はあるのか? 井端が獲得チームにもたらす「一石三鳥」

公開日: 更新日:

■「しゃべるのがコワイです…」

 中日を自由契約になった井端弘和(38)が退団後、初めて公の場に姿を見せた。

 7日に行われた「川崎市スポーツ賞」の授賞式。緊張感が漂う中、井端は祝賀会のスピーチで重い口を開いた。

「いま、しゃべるのが物凄くコワイです……」

 詰め掛けた報道陣を意識した発言に、出席者から笑いがこぼれた。「ガンバレ!」と激励の声が飛ぶと、「頑張るだけです。良いようにも悪いようにも(マスコミに)書かれてしまうので、頑張ります」と挨拶し、会場からは大拍手。ベテランの再出発を後押しするセレモニーとなったが、本人は報道陣には口を開かなかった。

 井端は10月に右足と右ひじを手術。リハビリをスタートさせ、今後は視力矯正手術も予定している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  4. 4

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  5. 5

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    中村倫也「美食探偵」はパッとせず…“自宅動画”好評なワケ

  8. 8

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  9. 9

    緊急事態宣言いよいよ全面解除 感染しない外出の楽しみ方

  10. 10

    アメリカン・ファクトリーが描くトランプに不都合な真実

もっと見る