キャンプで1発 阪神・伊藤隼に「早くも掛布効果か」の声

公開日: 更新日:

「早くも掛布効果か」とメディアが大騒ぎしたのが12日の阪神・安芸キャンプでのこと。オリックスとの練習試合に「6番・左翼」で先発出場したプロ2年目の伊藤隼(24)が、八回表の打席で右腕・森本から左翼にアーチをかけたからだ。

 伊藤隼は今キャンプから打撃指導を受けている掛布GM付育成&打撃コーディネーター(DC=58)に、1年目はクソミソに言われた。春季キャンプでは「その打ち方じゃ打てない。首が折れている感じ。バッティングで大事なのは背筋なのに、それが崩れている」とバッサリ斬られ、以後は掛布DCの指摘通り2年間、伸び悩んだ。安芸では掛布DCが伊藤隼を直接指導する姿が目立つ。「ミスタータイガース」と呼ばれた掛布DCの指導力はホンモノか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  5. 5

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

もっと見る