• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2大関陥落危機で佐渡ケ嶽部屋は年収1000万円ダウン

「問題はパー券だよ、パーティー券。佐渡ケ嶽部屋は、だいぶパーティーで稼いでいたからね」

 こう言うのは、ある部屋の後援者だ。

 2大関がケガで休場した佐渡ケ嶽部屋。今場所カド番だった琴欧洲は左肩脱臼で全治4週間。琴奨菊は大胸筋断裂で全治3カ月の重症を負った。カド番となる来場所の出場も危うく、両大関とも陥落は免れない。

 相撲部屋は毎場所、千秋楽にパーティーを行う。政治家の資金パーティーほどではないにせよ、この売り上げがバカにならない。

 冒頭の後援者が言う。

「近年は不景気もあり、パーティー券は1万円前後が主流。7000円でやっている部屋もある。ところが、佐渡ケ嶽部屋は3万円前後。千代の富士の九重部屋と並んで、相撲部屋でも最高額だね。それでも先代親方である、横綱琴櫻の人脈や人柄もあって、毎回100人は下らない人数が集まっていた。現在は琴奨菊、琴欧洲の看板大関2人がいたから、強気の金額でも客は減らなかった。その2人が陥落すればこれまでのようにはいかないだろうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  5. 5

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  8. 8

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

もっと見る