2大関陥落危機で佐渡ケ嶽部屋は年収1000万円ダウン

公開日: 更新日:

「問題はパー券だよ、パーティー券。佐渡ケ嶽部屋は、だいぶパーティーで稼いでいたからね」

 こう言うのは、ある部屋の後援者だ。

 2大関がケガで休場した佐渡ケ嶽部屋。今場所カド番だった琴欧洲は左肩脱臼で全治4週間。琴奨菊は大胸筋断裂で全治3カ月の重症を負った。カド番となる来場所の出場も危うく、両大関とも陥落は免れない。

 相撲部屋は毎場所、千秋楽にパーティーを行う。政治家の資金パーティーほどではないにせよ、この売り上げがバカにならない。

 冒頭の後援者が言う。

「近年は不景気もあり、パーティー券は1万円前後が主流。7000円でやっている部屋もある。ところが、佐渡ケ嶽部屋は3万円前後。千代の富士の九重部屋と並んで、相撲部屋でも最高額だね。それでも先代親方である、横綱琴櫻の人脈や人柄もあって、毎回100人は下らない人数が集まっていた。現在は琴奨菊、琴欧洲の看板大関2人がいたから、強気の金額でも客は減らなかった。その2人が陥落すればこれまでのようにはいかないだろうね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  7. 7

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  8. 8

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  9. 9

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  10. 10

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

もっと見る