大砂嵐がやっと白星も…角界に「外国人部屋」待望論

公開日:  更新日:

<大相撲九州場所 3日目>

 エジプト人力士が苦しんでいる。
 大相撲九州場所3日目、新入幕の大砂嵐(21)が千代鳳を上手投げ。出だしから2連敗のあと、ようやく初日が出た。

 この日も腕力頼みの投げで勝ったように、大砂嵐が悩んでいるのが腰高の相撲だ。足が長いだけに、どうしても重心が高くなる。今場所前は欠点克服のため、中腰の姿勢を保ったままハンマーでタイヤを叩くなどの特訓をしていた。

 先場所中のラマダン(断食月)を別にしても、環境面での悩みも尽きない。言葉は上達しているものの、なにせ慣れない日本。気分転換に外出しようとしたところ、師匠の大嶽親方(元十両大竜)に「相撲と関係ない場所に行くな」と一喝された。現在、外国人力士は1部屋1人と決まっているので、苦しみを分かち合う相手もいない。あの白鵬ですら、

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る