偶然じゃない…九州場所 2大関休場の“真犯人”

公開日:  更新日:

 琴奨菊に続いて琴欧洲も休場と、2大関がケガで離脱した九州場所。いずれも土俵下に転落した時のアクシデントだが、力士たちの間では「あれは偶然なんかじゃない」という声が出ている。

 ある相撲協会の関係者が言う。
「もともと九州場所の土俵は、土に粘り気がないので、すぐに乾くうえに崩れやすい。しかも九州場所は寒い時季なので暖房をガンガンかけるから、館内は余計に乾燥する。それに今年は、例年以上に滑る。ある力士は『まるでフローリングの床みたい』と話していた」

 相手を押し出したら自分も滑って転んだ、なんて取組も何番かあった。踏ん張りが利かないとあれば、予期せぬ体勢で土俵下に落ちることもある。大胸筋断裂の琴奨菊、左肩脱臼の琴欧洲は土俵から転落した時のケガだ。他の力士だって明日は我が身。動きが硬くなったり、「無理せず流しておくか」という者が出てきてもおかしくない。

 客の入りが悪い九州場所。そのうえケガ人まで続出では、"魔の九州場所"なんて、ありがたくない称号もつきそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  10. 10

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

もっと見る