権藤博がチクリ「監督賞も罰金も指導者の自己満足」

公開日:  更新日:

<近鉄時代の笑い話>

 中日の谷繁元信監督(42)が、秋季キャンプでの紅白戦で4回を無安打4奪三振に抑えた1年目の若松駿太(18)という投手に、3万円の賞金を出したという。監督賞第1号ということで、名古屋のスポーツ紙では大きく報じられた。注目されることで、本人には励みになろう。谷繁監督の狙いもそのあたりにあるのだろうと推測する。

 逆に言えば、監督賞にはその程度の効果しかない。シーズン中、貴重な働きをした選手にやたらと賞金をバラまく監督は結構いて、それがナインのヤル気に一役買っているなんて話を聞くと、私などは「くだらない」と鼻白んでしまう。

 以前、このコラムにも書いたが、私もその手の賞金を選手に出したことはある。中日一軍投手コーチとして現場に復帰した一昨年、中継ぎとして貴重な働きをしてくれた新人の田島慎二(23)にシーズン中盤、「打たれたら賞金をやる」と言った。無心で投げていた彼が、結果を残すにつれ、いい投球をしたい、打たれたらどうしよう、と欲を出して結果を気にし始めた。慎重になり過ぎ、カウントを悪くして打たれるという悪循環に陥ったので、1死満塁のピンチを迎えたところでマウンドに行き、「打たれたら賞金を出してやる」とハッパをかけた。「抑えたら」ではなく、「打たれたら」というところがミソ。要するに、結果を怖がらずにストライクを投げなさい、というのが私の真意であった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る