権藤博がチクリ「監督賞も罰金も指導者の自己満足」

公開日: 更新日:

<近鉄時代の笑い話>

 中日の谷繁元信監督(42)が、秋季キャンプでの紅白戦で4回を無安打4奪三振に抑えた1年目の若松駿太(18)という投手に、3万円の賞金を出したという。監督賞第1号ということで、名古屋のスポーツ紙では大きく報じられた。注目されることで、本人には励みになろう。谷繁監督の狙いもそのあたりにあるのだろうと推測する。

 逆に言えば、監督賞にはその程度の効果しかない。シーズン中、貴重な働きをした選手にやたらと賞金をバラまく監督は結構いて、それがナインのヤル気に一役買っているなんて話を聞くと、私などは「くだらない」と鼻白んでしまう。

 以前、このコラムにも書いたが、私もその手の賞金を選手に出したことはある。中日一軍投手コーチとして現場に復帰した一昨年、中継ぎとして貴重な働きをしてくれた新人の田島慎二(23)にシーズン中盤、「打たれたら賞金をやる」と言った。無心で投げていた彼が、結果を残すにつれ、いい投球をしたい、打たれたらどうしよう、と欲を出して結果を気にし始めた。慎重になり過ぎ、カウントを悪くして打たれるという悪循環に陥ったので、1死満塁のピンチを迎えたところでマウンドに行き、「打たれたら賞金を出してやる」とハッパをかけた。「抑えたら」ではなく、「打たれたら」というところがミソ。要するに、結果を怖がらずにストライクを投げなさい、というのが私の真意であった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  8. 8

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る