権藤博がチクリ「監督賞も罰金も指導者の自己満足」

公開日: 更新日:

<近鉄時代の笑い話>

 中日の谷繁元信監督(42)が、秋季キャンプでの紅白戦で4回を無安打4奪三振に抑えた1年目の若松駿太(18)という投手に、3万円の賞金を出したという。監督賞第1号ということで、名古屋のスポーツ紙では大きく報じられた。注目されることで、本人には励みになろう。谷繁監督の狙いもそのあたりにあるのだろうと推測する。

 逆に言えば、監督賞にはその程度の効果しかない。シーズン中、貴重な働きをした選手にやたらと賞金をバラまく監督は結構いて、それがナインのヤル気に一役買っているなんて話を聞くと、私などは「くだらない」と鼻白んでしまう。

 以前、このコラムにも書いたが、私もその手の賞金を選手に出したことはある。中日一軍投手コーチとして現場に復帰した一昨年、中継ぎとして貴重な働きをしてくれた新人の田島慎二(23)にシーズン中盤、「打たれたら賞金をやる」と言った。無心で投げていた彼が、結果を残すにつれ、いい投球をしたい、打たれたらどうしよう、と欲を出して結果を気にし始めた。慎重になり過ぎ、カウントを悪くして打たれるという悪循環に陥ったので、1死満塁のピンチを迎えたところでマウンドに行き、「打たれたら賞金を出してやる」とハッパをかけた。「抑えたら」ではなく、「打たれたら」というところがミソ。要するに、結果を怖がらずにストライクを投げなさい、というのが私の真意であった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る