専門家はこう見る セ遊撃部門「鳥谷と坂本に大差」の理由

公開日: 更新日:

「意外に大差がつきましたね」――。評論家の山崎裕之氏も驚いたのが、21日に発表されたセ・パのベストナイン。開幕24連勝の田中(楽天)が満票を獲得したのは当然としても、セの遊撃部門は鳥谷(阪神)が2位の坂本(巨人)に168票もの差をつけて4回目の受賞となった。

 最近5年間のセの遊撃部門は、鳥谷と坂本の独占状態。それだけ実力が拮抗しているわけだが、今年は坂本が苦汁をなめた。

 成績を見ると、鳥谷が打率.282、10本塁打、65打点、OPS(出塁率+長打率).812であるのに対して、坂本は打率.265、12本塁打、54打点、OPSは.728。鳥谷に分がある。山崎氏の見立てはこうだ。

「両者の実力は甲乙つけがたい。ただ、打撃の柔軟性は坂本の方があると見ている。鳥谷は逆方向へ打つミート力は高いが、甲子園の浜風の影響があるとはいえ、引っ張っての大きな当たりが少ない点に物足りなさがある。大差の原因は坂本の終盤の印象だろう。調子を落としたままCS、日本シリーズに進み、シーズンを終えた。本人は精神的に、調子の悪さを引きずってプレーしていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  4. 4

    自民が9月入学で造反 党内に漂う“裸の王様”安倍離れの空気

  5. 5

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  8. 8

    安倍政権がなにかやるとき…良い子のみんなはわかってる!

  9. 9

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  10. 10

    女子プロ記者語る木村花さんの素顔 リングで育った女の子

もっと見る