専門家はこう見る セ遊撃部門「鳥谷と坂本に大差」の理由

公開日: 更新日:

「意外に大差がつきましたね」――。評論家の山崎裕之氏も驚いたのが、21日に発表されたセ・パのベストナイン。開幕24連勝の田中(楽天)が満票を獲得したのは当然としても、セの遊撃部門は鳥谷(阪神)が2位の坂本(巨人)に168票もの差をつけて4回目の受賞となった。

 最近5年間のセの遊撃部門は、鳥谷と坂本の独占状態。それだけ実力が拮抗しているわけだが、今年は坂本が苦汁をなめた。

 成績を見ると、鳥谷が打率.282、10本塁打、65打点、OPS(出塁率+長打率).812であるのに対して、坂本は打率.265、12本塁打、54打点、OPSは.728。鳥谷に分がある。山崎氏の見立てはこうだ。

「両者の実力は甲乙つけがたい。ただ、打撃の柔軟性は坂本の方があると見ている。鳥谷は逆方向へ打つミート力は高いが、甲子園の浜風の影響があるとはいえ、引っ張っての大きな当たりが少ない点に物足りなさがある。大差の原因は坂本の終盤の印象だろう。調子を落としたままCS、日本シリーズに進み、シーズンを終えた。本人は精神的に、調子の悪さを引きずってプレーしていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  3. 3

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  4. 4

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  5. 5

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  6. 6

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  7. 7

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  8. 8

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  9. 9

    五輪マラ史上最悪 元陸連幹部が憤怒の北大構内“21”の危険

  10. 10

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

もっと見る