専門家はこう見る セ遊撃部門「鳥谷と坂本に大差」の理由

公開日:  更新日:

「意外に大差がつきましたね」――。評論家の山崎裕之氏も驚いたのが、21日に発表されたセ・パのベストナイン。開幕24連勝の田中(楽天)が満票を獲得したのは当然としても、セの遊撃部門は鳥谷(阪神)が2位の坂本(巨人)に168票もの差をつけて4回目の受賞となった。

 最近5年間のセの遊撃部門は、鳥谷と坂本の独占状態。それだけ実力が拮抗しているわけだが、今年は坂本が苦汁をなめた。

 成績を見ると、鳥谷が打率.282、10本塁打、65打点、OPS(出塁率+長打率).812であるのに対して、坂本は打率.265、12本塁打、54打点、OPSは.728。鳥谷に分がある。山崎氏の見立てはこうだ。

「両者の実力は甲乙つけがたい。ただ、打撃の柔軟性は坂本の方があると見ている。鳥谷は逆方向へ打つミート力は高いが、甲子園の浜風の影響があるとはいえ、引っ張っての大きな当たりが少ない点に物足りなさがある。大差の原因は坂本の終盤の印象だろう。調子を落としたままCS、日本シリーズに進み、シーズンを終えた。本人は精神的に、調子の悪さを引きずってプレーしていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る