専門家はこう見る セ遊撃部門「鳥谷と坂本に大差」の理由

公開日:  更新日:

「意外に大差がつきましたね」――。評論家の山崎裕之氏も驚いたのが、21日に発表されたセ・パのベストナイン。開幕24連勝の田中(楽天)が満票を獲得したのは当然としても、セの遊撃部門は鳥谷(阪神)が2位の坂本(巨人)に168票もの差をつけて4回目の受賞となった。

 最近5年間のセの遊撃部門は、鳥谷と坂本の独占状態。それだけ実力が拮抗しているわけだが、今年は坂本が苦汁をなめた。

 成績を見ると、鳥谷が打率.282、10本塁打、65打点、OPS(出塁率+長打率).812であるのに対して、坂本は打率.265、12本塁打、54打点、OPSは.728。鳥谷に分がある。山崎氏の見立てはこうだ。

「両者の実力は甲乙つけがたい。ただ、打撃の柔軟性は坂本の方があると見ている。鳥谷は逆方向へ打つミート力は高いが、甲子園の浜風の影響があるとはいえ、引っ張っての大きな当たりが少ない点に物足りなさがある。大差の原因は坂本の終盤の印象だろう。調子を落としたままCS、日本シリーズに進み、シーズンを終えた。本人は精神的に、調子の悪さを引きずってプレーしていた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る