現状維持サインの巨人・宮国に「内海組」脱退のススメ

公開日:  更新日:

 巨人の宮国椋丞(21)が28日、契約更改交渉に臨み、現状維持の1600万円でサインした。3年目の今季は開幕投手の大役を任されたものの6勝7敗。何度も二軍落ちを経験した。「あまりチームに貢献することができなかった。課題はいっぱいある」とボソリと話した。

 原監督にはシーズン中、「育て方を間違えたかもしれない」「プロとして恥ずかしい」「あれじゃファンに申し訳ない」「なかなか伸びてこない」「大学でもエースにはなれない」など、厳しく指摘されたことは一度や二度ではなかった。チームメートの誰もが「(宮国)椋丞は優し過ぎる」と言う性格。二軍で頭を丸刈りにしてしまうほど悩み、ふさぎ込んだ時期もあった。

■いつかは自分で考えないと

 来季は先発ローテ入りも厳しい状況だ。広島からFAで大竹が加入。この大竹に内海、菅野、杉内までは濃厚。沢村も控えているから、実質あと1枠を19歳の今村、小山、笠原らと争う超激戦である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る