現状維持サインの巨人・宮国に「内海組」脱退のススメ

公開日:  更新日:

 巨人の宮国椋丞(21)が28日、契約更改交渉に臨み、現状維持の1600万円でサインした。3年目の今季は開幕投手の大役を任されたものの6勝7敗。何度も二軍落ちを経験した。「あまりチームに貢献することができなかった。課題はいっぱいある」とボソリと話した。

 原監督にはシーズン中、「育て方を間違えたかもしれない」「プロとして恥ずかしい」「あれじゃファンに申し訳ない」「なかなか伸びてこない」「大学でもエースにはなれない」など、厳しく指摘されたことは一度や二度ではなかった。チームメートの誰もが「(宮国)椋丞は優し過ぎる」と言う性格。二軍で頭を丸刈りにしてしまうほど悩み、ふさぎ込んだ時期もあった。

■いつかは自分で考えないと

 来季は先発ローテ入りも厳しい状況だ。広島からFAで大竹が加入。この大竹に内海、菅野、杉内までは濃厚。沢村も控えているから、実質あと1枠を19歳の今村、小山、笠原らと争う超激戦である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  5. 5

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る