現状維持サインの巨人・宮国に「内海組」脱退のススメ

公開日: 更新日:

 巨人の宮国椋丞(21)が28日、契約更改交渉に臨み、現状維持の1600万円でサインした。3年目の今季は開幕投手の大役を任されたものの6勝7敗。何度も二軍落ちを経験した。「あまりチームに貢献することができなかった。課題はいっぱいある」とボソリと話した。

 原監督にはシーズン中、「育て方を間違えたかもしれない」「プロとして恥ずかしい」「あれじゃファンに申し訳ない」「なかなか伸びてこない」「大学でもエースにはなれない」など、厳しく指摘されたことは一度や二度ではなかった。チームメートの誰もが「(宮国)椋丞は優し過ぎる」と言う性格。二軍で頭を丸刈りにしてしまうほど悩み、ふさぎ込んだ時期もあった。

■いつかは自分で考えないと

 来季は先発ローテ入りも厳しい状況だ。広島からFAで大竹が加入。この大竹に内海、菅野、杉内までは濃厚。沢村も控えているから、実質あと1枠を19歳の今村、小山、笠原らと争う超激戦である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る