現状維持サインの巨人・宮国に「内海組」脱退のススメ

公開日: 更新日:

 巨人の宮国椋丞(21)が28日、契約更改交渉に臨み、現状維持の1600万円でサインした。3年目の今季は開幕投手の大役を任されたものの6勝7敗。何度も二軍落ちを経験した。「あまりチームに貢献することができなかった。課題はいっぱいある」とボソリと話した。

 原監督にはシーズン中、「育て方を間違えたかもしれない」「プロとして恥ずかしい」「あれじゃファンに申し訳ない」「なかなか伸びてこない」「大学でもエースにはなれない」など、厳しく指摘されたことは一度や二度ではなかった。チームメートの誰もが「(宮国)椋丞は優し過ぎる」と言う性格。二軍で頭を丸刈りにしてしまうほど悩み、ふさぎ込んだ時期もあった。

■いつかは自分で考えないと

 来季は先発ローテ入りも厳しい状況だ。広島からFAで大竹が加入。この大竹に内海、菅野、杉内までは濃厚。沢村も控えているから、実質あと1枠を19歳の今村、小山、笠原らと争う超激戦である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  3. 3

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  4. 4

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  5. 5

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  6. 6

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  7. 7

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  8. 8

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  9. 9

    吉本「契約書なし」にカミついたハリセンボン春菜の正論

  10. 10

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る