日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

入札10億円でOK? 楽天の本音は「田中は米国で広告塔」

 3日、臨時のプロ野球12球団代表者会議が開かれ、メジャー側との交渉が難航している新入札制度についての話し合いを行った。会議には楽天の立花陽三球団社長も初出席。エースの田中将大(25)が望むメジャー挑戦が頓挫する可能性もあるだけに、気が気でないという様子だった。

 この日の朝には一部スポーツ紙で、「メジャー側提案 新ポスティング 上限設定ウエーバー」と報じられた。入札金の上限を20億円に設定し、入札球団が複数になった場合は、その年のシーズンで勝率の低い球団に交渉権を与えるというものだ。球界関係者が言う。

「報じられたのはあくまで、メジャー側から出された複数の案のうちのひとつ。が、資金力に限りのある弱小球団にも入札参加のチャンスを与えるというスタンスに立っているメジャー側の修正案は、どれも日本にとってはほとんどメリットのない厳しい案ばかりです。一時は100億円なんていわれた入札金は多くても30億円程度に抑えられる見込み。これでは、楽天が<田中を売る意味がない>と田中の残留に傾いているのも当然です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事