入札10億円でOK? 楽天の本音は「田中は米国で広告塔」

公開日:  更新日:

 3日、臨時のプロ野球12球団代表者会議が開かれ、メジャー側との交渉が難航している新入札制度についての話し合いを行った。会議には楽天の立花陽三球団社長も初出席。エースの田中将大(25)が望むメジャー挑戦が頓挫する可能性もあるだけに、気が気でないという様子だった。

 この日の朝には一部スポーツ紙で、「メジャー側提案 新ポスティング 上限設定ウエーバー」と報じられた。入札金の上限を20億円に設定し、入札球団が複数になった場合は、その年のシーズンで勝率の低い球団に交渉権を与えるというものだ。球界関係者が言う。

「報じられたのはあくまで、メジャー側から出された複数の案のうちのひとつ。が、資金力に限りのある弱小球団にも入札参加のチャンスを与えるというスタンスに立っているメジャー側の修正案は、どれも日本にとってはほとんどメリットのない厳しい案ばかりです。一時は100億円なんていわれた入札金は多くても30億円程度に抑えられる見込み。これでは、楽天が<田中を売る意味がない>と田中の残留に傾いているのも当然です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る