日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

片岡FA流出の西武が「人的補償」で狙う巨人投手の名前

 西武からFA宣言した片岡治大(30)が巨人へ移籍したことで、広島同様、西武も巨人に人的補償を求めることになりそうだ。

 巨人の原監督は優勝旅行中のため、米ハワイに滞在中。とはいえ、28人のプロテクト(保有枠)リストの作成には頭を悩ませているだろう。名簿は西武の前に広島への提出分もある。誰を入れて誰を外すか。それが問題なのだ。

 西武は涌井もFA宣言をしているため、流出が濃厚。サファテも退団した。手薄になった救援投手が補強ポイントとなる。西武の球団関係者は「狙いはおおむね定まっている。巨人の元守護神の久保裕也(33)がリストから漏れると読んでいます」とこう続ける。

「久保は股関節と右ヒジを手術して今季は一軍での登板はなかった。年俸も1億円から5000万円に半減。28人には入らないでしょう。ただ、ウチは後ろの投手がいない。故障は治っているようだし、もしリストから漏れていたら、抑えは当確と言ってもいいくらいです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事