巨人ドラ1捕手小林 “阿部超え”の条件は「スタメン100試合」

公開日:  更新日:

「阿部の後釜育成計画」が静かに動き出した。

 巨人のドラフト1位・小林誠司(24=日本生命)のキャンプ一軍スタートが決定。原辰徳監督(55)が明言したもので、「小林は球団を挙げて育てる方針だし、前評判通りの実力なら、何十試合かスタメンマスクをかぶることになるんじゃないか」(某コーチ)という。

 巨人には日本一の捕手・阿部慎之助(34)が君臨する。小林の「何十試合」とは、阿部を休養させるため、一塁などで起用している間に試合経験を積ませるというものだろう。

 しかし、これで捕手が育つかといえば、そう簡単ではない。例えば1年目の阿部は23年ぶりの「新人捕手開幕スタメン」を勝ち取ると、一年を通じて試合に出場した。規定打席にはわずかに届かなかったものの、打率.225、13本塁打。物足りない成績でも、当時の長嶋監督が我慢強く起用し続けてくれたから今がある。当時も村田(現打撃コーチ)に代わる正捕手の育成が急務とされていた。今と似たような状況だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る