巨人ドラ1捕手小林 “阿部超え”の条件は「スタメン100試合」

公開日: 更新日:

「阿部の後釜育成計画」が静かに動き出した。

 巨人のドラフト1位・小林誠司(24=日本生命)のキャンプ一軍スタートが決定。原辰徳監督(55)が明言したもので、「小林は球団を挙げて育てる方針だし、前評判通りの実力なら、何十試合かスタメンマスクをかぶることになるんじゃないか」(某コーチ)という。

 巨人には日本一の捕手・阿部慎之助(34)が君臨する。小林の「何十試合」とは、阿部を休養させるため、一塁などで起用している間に試合経験を積ませるというものだろう。

 しかし、これで捕手が育つかといえば、そう簡単ではない。例えば1年目の阿部は23年ぶりの「新人捕手開幕スタメン」を勝ち取ると、一年を通じて試合に出場した。規定打席にはわずかに届かなかったものの、打率.225、13本塁打。物足りない成績でも、当時の長嶋監督が我慢強く起用し続けてくれたから今がある。当時も村田(現打撃コーチ)に代わる正捕手の育成が急務とされていた。今と似たような状況だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  7. 7

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  8. 8

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  9. 9

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  10. 10

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

もっと見る