日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

桐光松井君は我々にとっても大きな存在だった

 2013年を振り返ると「打倒・松井」に尽きる。昨夏の甲子園で22奪三振の大会記録を樹立した桐光学園の松井裕樹君(3年=楽天1位)を攻略しないことには甲子園はない。練習に多くの時間を割いた。

 横浜は春の大会で6者連続三振を食らうなど5安打13三振。0─3の完敗だった。宝刀のスライダーだけでなく、チェンジアップも習得。とても手に負えない投手に成長していた。正直なところ、「これは夏もどうにもならないな」と思った。

 とはいえ、対策は立てた。ワンバウンドのスライダーを振らないため、カーブマシンの球を見逃す練習。速球に慣れるため、マシンを150キロに設定してガンガン打たせた。

 クイックが得意ではないため、三盗の練習。牽制に傾向があるので「セットして3秒で走れ」と徹底した。春から夏にかけての練習はほぼ「松井対策」だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事