日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人は痛根…大竹の「人的補償」で広島入りした一岡の潜在能力

 広島は25日、FAで巨人に移籍した大竹寛(30)の人的補償として一岡竜司(22)を獲得すると発表した。わずか2年で巨人を離れることになった最速150キロ右腕は、「きのうの夜、球団に来るように言われて、そういうことなのかなと悟った。巨人には無名の専門学校生だった自分を取ってもらい、感謝の言葉しかない。広島から選んでいただいたことを大きなチャンスと思い、来季への思いが強くなった」と意気込んだ。

 福岡県出身。大分・藤蔭高から沖データコンピュータ教育学院を経て11年のドラフト3位で巨人入り。通算13試合に登板して勝ち負けなしだが、9月の試合で好救援。阿部に「あの直球とフォークで十分いける」と褒められた。今季は二軍で守護神を務め、リーグ2位の15セーブ、防御率1.10。川口投手総合コーチは、来季は先発として期待していた。今オフもプエルトリコのウインターリーグに同僚の江柄子とともに派遣された。巨人球団関係者が証言する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事