“爆弾”抱える大竹は大丈夫か? 原監督の「15勝」指令

公開日: 更新日:

 広島からFA宣言して巨人入りした大竹寛(30)が4日、都内のホテルで入団会見を行った。

 同席した原辰徳監督(55)から「15勝は期待したい。打線もしっかり援護する。それを受けてどうだね?」と聞かれると、「背番号(17)くらい勝てるように頑張りたい」と応じた。

 2年連続で2ケタ勝利を挙げてはいる。とはいえ、今季10勝10敗。原沢敦球団代表兼GM(57)は「クオリティースタート(6回3失点)で菅野君よりは下回るけど、沢村、内海、杉内を上回っている」と安定感が獲得の決め手となったとし、「ほとんど3失点以内。来年は(今年の)10勝10敗がそのままにはならないだろうと思っている」と広島からリーグ連覇中の巨人へ移籍すれば、もっと勝てると強調した。

 本当にそうか。古巣の広島関係者は「いいやつだけど重圧に弱い。肩、ヒジの故障歴もあって、フル回転はできないだろうし……。だから手放したわけではないけど」と言う。巨人へFA入団する重圧は、広島でノビノビ投げるのとは比較にならない。球団がデータや数字をはじいても、メンタル面だけは測れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る