“爆弾”抱える大竹は大丈夫か? 原監督の「15勝」指令

公開日: 更新日:

 広島からFA宣言して巨人入りした大竹寛(30)が4日、都内のホテルで入団会見を行った。

 同席した原辰徳監督(55)から「15勝は期待したい。打線もしっかり援護する。それを受けてどうだね?」と聞かれると、「背番号(17)くらい勝てるように頑張りたい」と応じた。

 2年連続で2ケタ勝利を挙げてはいる。とはいえ、今季10勝10敗。原沢敦球団代表兼GM(57)は「クオリティースタート(6回3失点)で菅野君よりは下回るけど、沢村、内海、杉内を上回っている」と安定感が獲得の決め手となったとし、「ほとんど3失点以内。来年は(今年の)10勝10敗がそのままにはならないだろうと思っている」と広島からリーグ連覇中の巨人へ移籍すれば、もっと勝てると強調した。

 本当にそうか。古巣の広島関係者は「いいやつだけど重圧に弱い。肩、ヒジの故障歴もあって、フル回転はできないだろうし……。だから手放したわけではないけど」と言う。巨人へFA入団する重圧は、広島でノビノビ投げるのとは比較にならない。球団がデータや数字をはじいても、メンタル面だけは測れない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  7. 7

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  8. 8

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  9. 9

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  10. 10

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

もっと見る