FA大竹 巨人入りでよぎる野口や門倉との“共通点”

公開日: 更新日:

 巨人が遅ればせながらFAの大竹寛(30)と入団交渉を行った。埼玉の浦和学院出身の大竹はもともと在京志向が強く、広島との3度の残留交渉の末にFA宣言した時点で、古巣では「巨人入りで決まり」との声が多かった。ソフトバンクが4年10億円という超破格の契約を提示したことで、「金銭面で張り合うほどの選手じゃない」という声が巨人周辺でも大きくなったものの、結局、収まるところに収まるということになりそうだ。

「非常に高い評価をしてもらい、感謝している」

 交渉を終えてそう言った大竹の言葉と表情は、巨人入りで決まりという雰囲気。交渉の途中には原監督から電話が入り、「日本一連覇を達成できるチームをつくるために力を貸して欲しい」と口説かれたそうで、3年総額5億円の条件を提示したとみられる原沢球団代表は「手応えはあった」と自信をのぞかせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  7. 7

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  8. 8

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    樹木希林に「会ってみたい」と言わしめた伝説の芸能記者K

もっと見る