• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

FA大竹 巨人入りでよぎる野口や門倉との“共通点”

 巨人が遅ればせながらFAの大竹寛(30)と入団交渉を行った。埼玉の浦和学院出身の大竹はもともと在京志向が強く、広島との3度の残留交渉の末にFA宣言した時点で、古巣では「巨人入りで決まり」との声が多かった。ソフトバンクが4年10億円という超破格の契約を提示したことで、「金銭面で張り合うほどの選手じゃない」という声が巨人周辺でも大きくなったものの、結局、収まるところに収まるということになりそうだ。

「非常に高い評価をしてもらい、感謝している」

 交渉を終えてそう言った大竹の言葉と表情は、巨人入りで決まりという雰囲気。交渉の途中には原監督から電話が入り、「日本一連覇を達成できるチームをつくるために力を貸して欲しい」と口説かれたそうで、3年総額5億円の条件を提示したとみられる原沢球団代表は「手応えはあった」と自信をのぞかせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る