FA大竹 巨人入りでよぎる野口や門倉との“共通点”

公開日: 更新日:

 巨人が遅ればせながらFAの大竹寛(30)と入団交渉を行った。埼玉の浦和学院出身の大竹はもともと在京志向が強く、広島との3度の残留交渉の末にFA宣言した時点で、古巣では「巨人入りで決まり」との声が多かった。ソフトバンクが4年10億円という超破格の契約を提示したことで、「金銭面で張り合うほどの選手じゃない」という声が巨人周辺でも大きくなったものの、結局、収まるところに収まるということになりそうだ。

「非常に高い評価をしてもらい、感謝している」

 交渉を終えてそう言った大竹の言葉と表情は、巨人入りで決まりという雰囲気。交渉の途中には原監督から電話が入り、「日本一連覇を達成できるチームをつくるために力を貸して欲しい」と口説かれたそうで、3年総額5億円の条件を提示したとみられる原沢球団代表は「手応えはあった」と自信をのぞかせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る