マー君去って新・客寄せ要員に…楽天ドラ1松井の“憂鬱”

公開日:  更新日:

「田中がメジャーに行くのがもう1年遅ければ、あるいは松井の入団が1年早ければ……」
 こう言ってため息をつくのが、楽天の球団OBだ。

 5球団が抽選で競合の末、楽天がクジを引き当てたドラフト1位の松井裕樹(18=桐光学園)。星野監督はすでに「一軍キャンプに帯同させる」と話しているが、これに不安を隠せないのが冒頭のOBだ。

「球団内でも<松井は投手だから、最初は二軍の方が……>という声が多い。昔に比べて、近年はどの球団でも一軍投手はキャンプ初日からブルペンでバンバン投げ込む選手が増えた。楽天も例外ではない。その中にルーキーを入れてしまうと、周囲の雰囲気に押されて<オレも投げ込まなきゃ>となりがち。そこで無理をしてフォームを崩したり、ケガをする選手もいる。だからこそ、楽天は田中マーくん以降の新人投手は例外なく二軍スタートだった。まして松井は高卒ルーキー。自分でも<体力がない>と言っているだけに……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る