マー君去って新・客寄せ要員に…楽天ドラ1松井の“憂鬱”

公開日:  更新日:

「田中がメジャーに行くのがもう1年遅ければ、あるいは松井の入団が1年早ければ……」
 こう言ってため息をつくのが、楽天の球団OBだ。

 5球団が抽選で競合の末、楽天がクジを引き当てたドラフト1位の松井裕樹(18=桐光学園)。星野監督はすでに「一軍キャンプに帯同させる」と話しているが、これに不安を隠せないのが冒頭のOBだ。

「球団内でも<松井は投手だから、最初は二軍の方が……>という声が多い。昔に比べて、近年はどの球団でも一軍投手はキャンプ初日からブルペンでバンバン投げ込む選手が増えた。楽天も例外ではない。その中にルーキーを入れてしまうと、周囲の雰囲気に押されて<オレも投げ込まなきゃ>となりがち。そこで無理をしてフォームを崩したり、ケガをする選手もいる。だからこそ、楽天は田中マーくん以降の新人投手は例外なく二軍スタートだった。まして松井は高卒ルーキー。自分でも<体力がない>と言っているだけに……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る