西武ドラ1森友哉 スイング好評も1年間は「2軍」で辛抱か

公開日:  更新日:

「今年はあんまりチャンスはないだろうけど……」
 関係者からこんなコソコソ話が漏れてくるのが、西武のドラフト1位捕手・森友哉(18=大阪桐蔭高)のこと。

 8日にスタートした新人合同自主トレ。森は高校球界屈指の打撃力との前評判通り、ティー打撃で鋭いスイングを連発、周囲の注目を浴びた。

 練習後の本人は「まだまだ納得のスイングはできていない。本調子に上げていきたい」とあくまで控えめだったが、スイングを見たチーム関係者からは、「打撃だけなら、1年目から一軍でやれる力はある」との声も出た。

 とはいえ、森がいきなり一軍でマスクをかぶる機会は少ないかもしれない。13年WBCの代表メンバーである銀仁朗(26)が「扇の要」として君臨しているし、伊原新監督は、巨人コーチ時代に同じ釜の飯を食った星(31)を高く評価しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る