西武ドラ1森友哉 スイング好評も1年間は「2軍」で辛抱か

公開日: 更新日:

「今年はあんまりチャンスはないだろうけど……」
 関係者からこんなコソコソ話が漏れてくるのが、西武ドラフト1位捕手・森友哉(18=大阪桐蔭高)のこと。

 8日にスタートした新人合同自主トレ。森は高校球界屈指の打撃力との前評判通り、ティー打撃で鋭いスイングを連発、周囲の注目を浴びた。

 練習後の本人は「まだまだ納得のスイングはできていない。本調子に上げていきたい」とあくまで控えめだったが、スイングを見たチーム関係者からは、「打撃だけなら、1年目から一軍でやれる力はある」との声も出た。

 とはいえ、森がいきなり一軍でマスクをかぶる機会は少ないかもしれない。13年WBCの代表メンバーである銀仁朗(26)が「扇の要」として君臨しているし、伊原新監督は、巨人コーチ時代に同じ釜の飯を食った星(31)を高く評価しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る