涌井よりお得? 西武が人的補償に選んだロッテ中郷の評判

公開日:  更新日:

「西武はいい人選をしたと思いますよ。メチャクチャ使い勝手がいいですから」
 球界関係者が言う。
 7日、FAでロッテ入りした涌井秀章(27)の人的補償として、西武への移籍が決まった中郷大樹(29)のことである。

 今季プロ8年目で通算5勝の右腕。実績では9年で85勝37セーブをマークした涌井とは比較にならないが、中郷には涌井にはない大きな武器が2つある。「無類のスタミナ」と不平不満を表に出さない「性格」だ。

「中郷はリリーフとしては理想的。肩をつくるのは早いし、<行け>と言われたら3連投でもへっちゃら。それに、ここ2年は敗戦処理や大量リードでの登板が多かったにもかかわらず、淡々とマウンドに上がっていたのも凄い。普通ならグチのひとつも言いたくなる起用をされても、彼の口からその手のことを聞いたことがない。7シーズンでわずか5勝しか挙げていないのに、ここまで生き残っているのはダテじゃない」(ロッテ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る