捕手育成は不安だらけ…西武ドラ1・森友哉は誰が育てるのか

公開日:  更新日:

「宝の持ち腐れ」で終わらなければいいが……。
 24日のドラフトで西武が一本釣りしたドラ1捕手の森友哉(18=大阪桐蔭)。伊原新監督は「彼は打撃がいいからね」と笑顔を見せつつ、「(高卒の)捕手だし、彼と西武の将来を考えると慎重にいく」と話している。しかし、西武OBの間では「そうは言っても、誰が森を育てるんだ?」と話題なのだ。

 なにせ、08年に渡辺監督(現SD)が就任してからというもの、西武で一人前に育った捕手は皆無。正捕手の炭谷は伊東監督(現ロッテ)の遺産、2番手の星は巨人からトレードで獲得した選手だ。

 新たに就任した袴田チーフ兼バッテリーコーチも期待できない。ロッテのコーチ時代に頭角を現した里崎は、どちらかといえば「打」の捕手。今季は伊東監督に「抑えられないなら抑えられないなりに配球を工夫すべき」と、試合途中に懲罰交代を命じられるなど、リード面での評価は決して高くはない。ロッテの球団関係者が「袴田さんが二軍コーチ時代のことです」と声を潜める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る