• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

捕手育成は不安だらけ…西武ドラ1・森友哉は誰が育てるのか

「宝の持ち腐れ」で終わらなければいいが……。
 24日のドラフトで西武が一本釣りしたドラ1捕手の森友哉(18=大阪桐蔭)。伊原新監督は「彼は打撃がいいからね」と笑顔を見せつつ、「(高卒の)捕手だし、彼と西武の将来を考えると慎重にいく」と話している。しかし、西武OBの間では「そうは言っても、誰が森を育てるんだ?」と話題なのだ。

 なにせ、08年に渡辺監督(現SD)が就任してからというもの、西武で一人前に育った捕手は皆無。正捕手の炭谷は伊東監督(現ロッテ)の遺産、2番手の星は巨人からトレードで獲得した選手だ。

 新たに就任した袴田チーフ兼バッテリーコーチも期待できない。ロッテのコーチ時代に頭角を現した里崎は、どちらかといえば「打」の捕手。今季は伊東監督に「抑えられないなら抑えられないなりに配球を工夫すべき」と、試合途中に懲罰交代を命じられるなど、リード面での評価は決して高くはない。ロッテの球団関係者が「袴田さんが二軍コーチ時代のことです」と声を潜める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る