捕手育成は不安だらけ…西武ドラ1・森友哉は誰が育てるのか

公開日: 更新日:

「宝の持ち腐れ」で終わらなければいいが……。
 24日のドラフトで西武が一本釣りしたドラ1捕手の森友哉(18=大阪桐蔭)。伊原新監督は「彼は打撃がいいからね」と笑顔を見せつつ、「(高卒の)捕手だし、彼と西武の将来を考えると慎重にいく」と話している。しかし、西武OBの間では「そうは言っても、誰が森を育てるんだ?」と話題なのだ。

 なにせ、08年に渡辺監督(現SD)が就任してからというもの、西武で一人前に育った捕手は皆無。正捕手の炭谷は伊東監督(現ロッテ)の遺産、2番手の星は巨人からトレードで獲得した選手だ。

 新たに就任した袴田チーフ兼バッテリーコーチも期待できない。ロッテのコーチ時代に頭角を現した里崎は、どちらかといえば「打」の捕手。今季は伊東監督に「抑えられないなら抑えられないなりに配球を工夫すべき」と、試合途中に懲罰交代を命じられるなど、リード面での評価は決して高くはない。ロッテの球団関係者が「袴田さんが二軍コーチ時代のことです」と声を潜める。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る