• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

冷徹、ダブつき、墓場…マー君が直面するメジャー事情

 この球団に籍を置いた日本人メジャーリーガーで、幸せな現役生活を全うした選手はひとりもいないのではないか。
 田中将大(25)争奪戦で、本命視されるヤンキースのことだ。

■ヤンキース「編成に情はさまないオーナーとフロント」

 伊良部秀輝は2ケタ勝ちながら、故スタインブレナー・オーナーに「太ったヒキガエル」とコキ下ろされトレードに。松井秀喜はワールドシリーズMVPを獲得、9年ぶりの世界一に貢献するも、その年のオフの契約を見送られた。本人が再契約を望んでいたにもかかわらずだ。イチロー(40)は実働わずか1年間で控え外野手に降格。現在は完全な戦力外で、放出要員になっている。黒田博樹(38)だって、いまはエース格と持ち上げられているものの、結果が出なければシーズン中でも切り捨てられる。

 ヤンキースはこれまで、ワンマンオーナーが球団を牛耳ってきた。別名「ビッグ・ボス」。負ければ監督室に直接電話をかけて、指揮官を怒鳴り散らす。大金を積んで働かない選手は、容赦なくクビにした。球団関係者にはボスのスパイがうじゃうじゃ。内部情報にも精通していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る