サラリーマンなら勤務4000年! マー君の「161億円」を徹底比較

公開日:  更新日:

 米ヤンキースへの移籍が決まったマー君(田中将大選手=25)は、7年契約で総額161億円(1億5500万ドル)を手にする。

 あまりに金額がデカすぎてイメージが湧かないが、年間23億円、1日当たりだと約630万円だ。サラリーマンの平均年収は409万円(国税庁調べ)。マー君はその額を1日もかからずに稼いでしまう。つくづく里田まいはイイ旦那をつかまえたものだ。

■ギリシャ神話の昔から働かなければ稼げない

 甲子園で死闘を演じた日本ハムの斎藤佑樹は年俸2800万円。この額だって役員クラスの年収だが、“マー君換算”すると、わずか4日半だ。

 かつてイチローがマリナーズと5年122億円の契約をしたとき、本人は「平均年俸500万円だとしたら弥生時代からプレーしないと達成できない数字」と話していたが、マー君の金額に直すと、「縄文時代、紀元前1200年」となる。ギリシャ神話のトロイア戦争が起きたころだ。それぐらい161億円は途方もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る