日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

サラリーマンなら勤務4000年! マー君の「161億円」を徹底比較

 米ヤンキースへの移籍が決まったマー君(田中将大選手=25)は、7年契約で総額161億円(1億5500万ドル)を手にする。

 あまりに金額がデカすぎてイメージが湧かないが、年間23億円、1日当たりだと約630万円だ。サラリーマンの平均年収は409万円(国税庁調べ)。マー君はその額を1日もかからずに稼いでしまう。つくづく里田まいはイイ旦那をつかまえたものだ。

■ギリシャ神話の昔から働かなければ稼げない

 甲子園で死闘を演じた日本ハムの斎藤佑樹は年俸2800万円。この額だって役員クラスの年収だが、“マー君換算”すると、わずか4日半だ。

 かつてイチローがマリナーズと5年122億円の契約をしたとき、本人は「平均年俸500万円だとしたら弥生時代からプレーしないと達成できない数字」と話していたが、マー君の金額に直すと、「縄文時代、紀元前1200年」となる。ギリシャ神話のトロイア戦争が起きたころだ。それぐらい161億円は途方もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事