元駒大苫小牧監督が語る田中将の恐るべき「適応力」

公開日: 更新日:

 ヤンキースと7年総額1億5500万ドル(約161億円)の大型契約を交わした田中将大(25)。母校である駒大苫小牧高(北海道)時代の恩師である香田誉士史氏(42=現西部ガス野球部コーチ)は「すごいと思うし、自分もうれしい。(高校時代は)プロで頑張ってくれれば、とは思っていましたが、ここまでの選手になるとは思いませんでした」と喜びを口にした。多くの日本人投手が苦しむボールやマウンドの違いに対応できるのか、昨季の登板過多は心配ないか。その性格や適応力もあわせて聞いてみた。

■米公認球、硬いマウンド、中4日…

――メジャー挑戦するにあたり、本人から何か相談されましたか?

「将大から『どうしたらいいですか』ということはありませんでした。『メジャーに行かれた先輩から話は聞いています』と打ち明けられたことはありましたが。メジャーに行きたくても、球団やシステムの問題もあるため、(相手が)高校時代の監督であっても、軽々しく口にすることはできなかったのでしょう。テレビのインタビューなどを見ても分かるように、言葉を選んで話す慎重なタイプですから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る