高報酬で引く手あまた Rソックス田沢の貫禄メジャー生活

公開日:  更新日:

「メジャーリーガー」としての貫禄もついてきた。21日、都内でワールドシリーズ優勝トロフィーの除幕式に、同僚の上原と共に出席したのがレッドソックスの田沢純一(27)だ。

 世界一の喜びもそこそこに、「普段通りに準備して、キャンプを迎えたい。新しい気持ちで一戦一戦頑張りたい」と話した田沢。08年オフに新日本石油ENEOSから直接メジャー入りし、今季で6年目。昨季は主にセットアッパーとして71試合に登板。5勝4敗、防御率3.16でチームの世界一に貢献した。

 去る17日には年俸調停を回避し、127万5000ドル(約1億3000万円)で1年契約を結んだ。今年で実質4年目のセットアッパーが、これだけ稼げるのはメジャーならでは。カネだけ見れば日本はメジャーの比ではない。

 田沢は海を渡った当初、レッドソックスと3年総額3億3000万円で契約。うち、契約金が1億8000万円。3年間の年俸トータル1億5000万円は、メジャーの最低保障額(昨年は4800万円)よりわずかに高いだけ。しかし、年俸調停の権利を得た今後は右肩上がりだ。順調なら17年にFA権も取得できる。右ヒジ手術の影響で球速が増した田沢ならば、引く手あまた。1年3億~4億円の複数年契約もある。

 日本球界では廃止となった年金もバカにならない。満額となる10年、プレーした選手で年間約2000万円。5年ならその半分。それが60歳から死ぬまで支払われるのだ。

 日本人選手が片っ端からメジャーに行きたがるのも無理はないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る