日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高報酬で引く手あまた Rソックス田沢の貫禄メジャー生活

「メジャーリーガー」としての貫禄もついてきた。21日、都内でワールドシリーズ優勝トロフィーの除幕式に、同僚の上原と共に出席したのがレッドソックスの田沢純一(27)だ。

 世界一の喜びもそこそこに、「普段通りに準備して、キャンプを迎えたい。新しい気持ちで一戦一戦頑張りたい」と話した田沢。08年オフに新日本石油ENEOSから直接メジャー入りし、今季で6年目。昨季は主にセットアッパーとして71試合に登板。5勝4敗、防御率3.16でチームの世界一に貢献した。

 去る17日には年俸調停を回避し、127万5000ドル(約1億3000万円)で1年契約を結んだ。今年で実質4年目のセットアッパーが、これだけ稼げるのはメジャーならでは。カネだけ見れば日本はメジャーの比ではない。

 田沢は海を渡った当初、レッドソックスと3年総額3億3000万円で契約。うち、契約金が1億8000万円。3年間の年俸トータル1億5000万円は、メジャーの最低保障額(昨年は4800万円)よりわずかに高いだけ。しかし、年俸調停の権利を得た今後は右肩上がりだ。順調なら17年にFA権も取得できる。右ヒジ手術の影響で球速が増した田沢ならば、引く手あまた。1年3億~4億円の複数年契約もある。

 日本球界では廃止となった年金もバカにならない。満額となる10年、プレーした選手で年間約2000万円。5年ならその半分。それが60歳から死ぬまで支払われるのだ。

 日本人選手が片っ端からメジャーに行きたがるのも無理はないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事