• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

肉体改造で増量 巨人・坂本をマッチョ化に走らせた本当の理由

 巨人の坂本勇人(25)が変わった。
 185センチ、80キロのスラリとしたモデル体形がウリだったのに、オフに肉体改造を行って83キロに増量。本格的にウエートトレーニングに取り組んだ成果だ。

 昨季は打率.265、12本塁打、54打点。原監督に「野球、打撃に関して一番悪いシーズンだった」と言われてしまった。これまでは持ち味でもある「しなやかさが消える」とウエートを避けていた。それどころか、同い年で筋トレマニアだった沢村を冷ややかに見ていただけに大きな変化である。

 球団は実績のある片岡と井端の二遊間の選手を補強した。坂本について原監督は、「復活しなければレギュラーを取れない環境にしたい」としている。村田打撃コーチも「(坂本)勇人が去年のような成績なら、今年は監督も迷わず外すでしょう」とテレビで発言。よってたかってハッパをかけられる坂本にも、もちろん危機感はある。が、“ムキムキ化”の理由はそれだけではない。さる球団関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る