肉体改造で増量 巨人・坂本をマッチョ化に走らせた本当の理由

公開日:  更新日:

 巨人の坂本勇人(25)が変わった。
 185センチ、80キロのスラリとしたモデル体形がウリだったのに、オフに肉体改造を行って83キロに増量。本格的にウエートトレーニングに取り組んだ成果だ。

 昨季は打率.265、12本塁打、54打点。原監督に「野球、打撃に関して一番悪いシーズンだった」と言われてしまった。これまでは持ち味でもある「しなやかさが消える」とウエートを避けていた。それどころか、同い年で筋トレマニアだった沢村を冷ややかに見ていただけに大きな変化である。

 球団は実績のある片岡と井端の二遊間の選手を補強した。坂本について原監督は、「復活しなければレギュラーを取れない環境にしたい」としている。村田打撃コーチも「(坂本)勇人が去年のような成績なら、今年は監督も迷わず外すでしょう」とテレビで発言。よってたかってハッパをかけられる坂本にも、もちろん危機感はある。が、“ムキムキ化”の理由はそれだけではない。さる球団関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  9. 9

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  10. 10

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

もっと見る