肉体改造で増量 巨人・坂本をマッチョ化に走らせた本当の理由

公開日: 更新日:

 巨人の坂本勇人(25)が変わった。
 185センチ、80キロのスラリとしたモデル体形がウリだったのに、オフに肉体改造を行って83キロに増量。本格的にウエートトレーニングに取り組んだ成果だ。

 昨季は打率.265、12本塁打、54打点。原監督に「野球、打撃に関して一番悪いシーズンだった」と言われてしまった。これまでは持ち味でもある「しなやかさが消える」とウエートを避けていた。それどころか、同い年で筋トレマニアだった沢村を冷ややかに見ていただけに大きな変化である。

 球団は実績のある片岡と井端の二遊間の選手を補強した。坂本について原監督は、「復活しなければレギュラーを取れない環境にしたい」としている。村田打撃コーチも「(坂本)勇人が去年のような成績なら、今年は監督も迷わず外すでしょう」とテレビで発言。よってたかってハッパをかけられる坂本にも、もちろん危機感はある。が、“ムキムキ化”の理由はそれだけではない。さる球団関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  7. 7

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る