坂本から「レギュラー剥奪」 原監督はホントにやるか、できるのか?

公開日: 更新日:

 巨人原辰徳監督(55)が14日、客員教授を務める千葉・勝浦市の国際武道大で毎年恒例の講義を行った。

 昨季は楽天に日本シリーズで敗退。指揮官はまず「巨人の勢いは昨年で止まった。勢いを取り戻すには去年の2倍、3倍のエネルギーが必要。たくさんの人で引っ張ってくれることが重要」と力説。片岡と井端の二遊間の選手を補強した意図を聞かれると、「遊撃と二塁は補強ポイントだった。だから当然補強をしたというところ。(坂本)勇人の打撃は(昨季が)一番悪いシーズンだった。環境がそうさせているのかなと感じた。だから井端と片岡が入ったのは楽しみ」と涼しい顔で答えた。

 野球部員の学生から「どうやってチームを日本一に導くのか?」と質問された時はこう語気を強めた。

「1つは目的。これは勝つことである。例えばある選手にバントのサインを出すとする。巨人には拒否をするような選手はいないけど、ふてくされたような態度を取ったら私は怒る。一番大事なのは個人じゃない。チームの勝利が目的なんだと。2つ目は実力至上主義。力のある者を使う。この2点を非常に大事にしている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

  10. 10

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

もっと見る