上村愛子の肉体を“劇的改造” スゴ腕トレーナーの荒療治

公開日:  更新日:

「ここからエンジンをかけても早すぎることはない。自分の滑りをした先にメダルがあれば、全員で喜べる」

 5大会連続で五輪出場を果たした女子モーグルの上村愛子(34)が笑顔で躍進を誓った。

 31日、ソチ五輪に出場する日本選手団本隊37人(役員含む)が現地に向けて出発。モーグル選手を代表して取材に応じた上村は「(出場は)5度目なので落ち着いて(出発の日を)迎えられた。全力の滑りをしたい」と話した。

 18歳で初めて出場した長野五輪(7位入賞)から16年。前回のバンクーバー五輪は4位でメダルを逃し、ショックで1シーズン競技から離れた。おそらく自身最後になるであろう今回の五輪でメダルを取るため、今季は肉体改造を決意。トレーナーも代えた。現在は全日本スキー連盟のトレーナーを務める君嶋秀幸氏に体の手入れを託している。君嶋氏は普段、仙台市内で治療院を営み、時には荒療治も施す整体師だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る