ベテラン上村愛子 命懸けの大技挑戦に「心配」の声

公開日: 更新日:

 ベテランモーグラーが選手生命を懸けて最後の五輪に挑む。

 ソチ五輪フリースタイルスキー女子モーグルで5大会連続の五輪出場を目指す上村愛子(33)が11日、合宿地のスイスから帰国。現地では1カ月以上にもわたって滑り込んだそうで、「コースが良かったので、たっぷりと練習できた。ターンの感覚がつかめた」と手応えを口にした。

 今季から取り組んでいるエアの大技であるコークスクリュー720(斜め2回転)については「まだ、納得いくデキではない」としながらも「五輪までに満足のいくレベルに持っていきたい」と話した。

 コークスクリュー720は、体を斜めに傾けた状態で横に720度回転する技だ。エアの中でも難度が高く、成功すれば高得点が得られる半面、失敗すれば大幅に減点されるハイリスク、ハイリターンの技だ。

 2006年トリノ五輪で成功させて5位入賞したが、当時は26歳。今年の12月で34回目の誕生日を迎えるベテランの大技挑戦には「無謀じゃないか」「心配だ」との声も少なくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

もっと見る