日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゴジラ松井 宮崎キャンプで務めるのは“四刀流”コーチ

 巨人は16日、都内のホテルでスタッフ会議を行い、松井秀喜(39)の臨時コーチ就任が正式に決定した。

 出席した白石興二郎オーナー(67)は「松井君の一挙手一投足に教えられることは多い。体験を伝えて欲しい」と話し、10日に長嶋茂雄終身名誉監督(77)と松井が読売新聞本社を訪れ、渡辺恒雄球団会長(87)を交え、会談を行ったことを明かした。

「我々の気持ちは伝えてある。両手を広げて待っていると、私からも渡辺(会長)からも言った。松井君の判断になるが、我々としては巨人の一員として戻ってくれて、ゆくゆくは監督として率いてくれることを切望している」と改めて次期監督としてラブコールを送ったと話した。

■原監督とホームラン競争も?

 松井はこの点について態度を明らかにしていないものの、キャンプで指導者としての第一歩を踏み出すことは確か。役割は打撃面の指導、と思いきや、こうなると、そんなものでは済まされない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事