ゴジラ松井 宮崎キャンプで務めるのは“四刀流”コーチ

公開日:  更新日:

 巨人は16日、都内のホテルでスタッフ会議を行い、松井秀喜(39)の臨時コーチ就任が正式に決定した。

 出席した白石興二郎オーナー(67)は「松井君の一挙手一投足に教えられることは多い。体験を伝えて欲しい」と話し、10日に長嶋茂雄終身名誉監督(77)と松井が読売新聞本社を訪れ、渡辺恒雄球団会長(87)を交え、会談を行ったことを明かした。

「我々の気持ちは伝えてある。両手を広げて待っていると、私からも渡辺(会長)からも言った。松井君の判断になるが、我々としては巨人の一員として戻ってくれて、ゆくゆくは監督として率いてくれることを切望している」と改めて次期監督としてラブコールを送ったと話した。

■原監督とホームラン競争も?

 松井はこの点について態度を明らかにしていないものの、キャンプで指導者としての第一歩を踏み出すことは確か。役割は打撃面の指導、と思いきや、こうなると、そんなものでは済まされない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る