ゴジラ松井 宮崎キャンプで務めるのは“四刀流”コーチ

公開日:  更新日:

 巨人は16日、都内のホテルでスタッフ会議を行い、松井秀喜(39)の臨時コーチ就任が正式に決定した。

 出席した白石興二郎オーナー(67)は「松井君の一挙手一投足に教えられることは多い。体験を伝えて欲しい」と話し、10日に長嶋茂雄終身名誉監督(77)と松井が読売新聞本社を訪れ、渡辺恒雄球団会長(87)を交え、会談を行ったことを明かした。

「我々の気持ちは伝えてある。両手を広げて待っていると、私からも渡辺(会長)からも言った。松井君の判断になるが、我々としては巨人の一員として戻ってくれて、ゆくゆくは監督として率いてくれることを切望している」と改めて次期監督としてラブコールを送ったと話した。

■原監督とホームラン競争も?

 松井はこの点について態度を明らかにしていないものの、キャンプで指導者としての第一歩を踏み出すことは確か。役割は打撃面の指導、と思いきや、こうなると、そんなものでは済まされない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る