• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

視線の先にファン…マー君「松井秀喜さんになりたい」の真意

「松井秀喜さんのような選手になりたい」
 26日、ヤンキースの田中将大(25)が、千葉県流山市の江戸川大で開かれたシンポジウムに出席。500人の学生を前にマイクを握ったマー君は、「どんな選手が理想か」という学生からの質問に、ヤンキースの先輩である松井秀喜(39)の名前を挙げ、「野球、人柄を含め、小、中、高とずっと野球をやってきた中で、松井秀喜さんのような選手になれと言われてきた。マスコミ、ファンに向けてしゃべる姿勢は大事と思うし、見ていて(自分も)やらなきゃと思った」と答えた。

 一方、スポーツマスコミの報道姿勢には、「ボクも人だし、信頼関係がないといいものは出てこないと思う。(記者から)ヘンなことを聞かれても、ヘンなことを聞いているところは(紙面や画面には)なくて、それに対して(自分が)怒っているところだけが伝わっている」と、苦言を呈する場面があった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る