• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゴジラを隠れみの 巨人・内海が開幕投手争いで一歩リード

 長嶋茂雄終身名誉監督(77)が前日に続き、12日も宮崎キャンプを視察。背中を痛め、6日ぶりのブルペン入りとなった菅野智之(24)の投球を見守った。

 投球後、菅野の背中をさする場面もあった長嶋氏は、「心配していたけど意外に平気だった。体が2キロから2.5キロは大きくなって球が重くなった。(今年の)勝ち星は分からないけど、やりそうな感じがするね」とうれしそう。原監督も「ブルペンに入れない状況だったら、こっち(宮崎)に残すことも考えたけど、(15日からの2次キャンプ地の)沖縄に行けそうだね」と一安心した様子だった。

「(ブルペンは)試しに入ったくらいだけど感覚的には良かった。長嶋さんには、『体を大きく使って投げなさい』と言われました」

 と話した菅野には、松井臨時コーチも目をかけている。4日の投球練習では打席に立ち、「勝てる理由が分かった」と持ち上げていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る