チャンス広げる「バスター」の打ち方

公開日: 更新日:

 センバツに向けて実戦練習を増やしている。
 成功すれば効果的だが、簡単には決まらない作戦として「バスター」がある。犠打が予想される無死一塁などで、送りバントと決めつけて三塁手がかなり前進してくるケース。こんな時、正直に三塁手の前へバントを転がすなんて愚の骨頂だ。横浜ではカウントが0ストライクなら1球エバー(見逃し)し、再度ベンチのサインを仰ぐか、送りバントのサインが出ていても、各自の判断で「打っていい」と決めている。バスターだ。

■上から叩かない

 ただ、バスターは送りバントの何倍も難しい。練習を重ねておかないと、フライを打ち上げてあっさり1死を取られるのが関の山。バスターにも基本がある。

 走者を進めることが目的だから、転がすことが必須。そのため、上から叩きつけようとする打者が多い。しかし、バットを振り下ろすと、ボールの下にバットが入りやすい。切ってしまってポップフライになってしまうのだ。ボールの上っ面を普通に打つといい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る