フリー打撃登板 マー君が意識するマウンドからの「景色」

公開日:  更新日:

 ヤンキースの田中将大(25)が22日、フリー打撃に登板することになった。

 メジャーのフリー打撃は、あくまで投手のための調整。日本のように打者に打たせるのが目的ではない。田中はすでに、そのあたりの事情も分かっているようで、「あくまでピッチャーの練習なので。バッターはほとんどスイングしないでしょ。日本でもよくあったような、ブルペンにバッターが立ってくれる感覚じゃないかなぁと思いますけど」とコメント。

 投手のための練習なら何を意識するのかという質問に対しては、「ただその景色ですかね。バッターが立つと、マウンドからの景色が変わると思うので。そういうところの調整になると思います」。

 すでにメジャーで実績あるスーパースターたちが打席に立っても、自分の思い通りの投球ができるかどうかがカギになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    安室奈美恵と樹木希林…残す言葉から“去り際”を研究する

もっと見る