日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初実戦は打ち上げ前日 西武“異例キャンプ”の狙いと不安

 22日の試合後、「そら見たことか」と笑っていた他球団スコアラーも、この日は黙るしかなかった。オープン戦2試合目となった23日のソフトバンク戦で、西武打線が12安打8得点と大爆発。6安打でたった1得点だった初戦とは打って変わって、鋭い打球がポンポンと外野を跳ねた。

 西武は今回、異例のキャンプを行った。11年ぶりに復帰した伊原監督の「地に足をつけて土台をつくる」との方針で、前半はボールを使わない練習に終始。第1クールはフリー打撃すら行わず、キャンプ打ち上げ前日の20日になってようやく初の実戦となる紅白戦を1試合やっただけだった。

 キャンプ打ち上げ後も栗山や岸、牧田ら主力14人はそのまま南郷に残って練習。22日から始まったオープン戦は若手主体という徹底ぶりなのだ。

 これに、選手が「試合勘がつかめない」と不安を漏らしても、伊原監督は「昔はどの球団もキャンプは練習中心だった」とピシャリである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事