初実戦は打ち上げ前日 西武“異例キャンプ”の狙いと不安

公開日:  更新日:

 22日の試合後、「そら見たことか」と笑っていた他球団スコアラーも、この日は黙るしかなかった。オープン戦2試合目となった23日のソフトバンク戦で、西武打線が12安打8得点と大爆発。6安打でたった1得点だった初戦とは打って変わって、鋭い打球がポンポンと外野を跳ねた。

 西武は今回、異例のキャンプを行った。11年ぶりに復帰した伊原監督の「地に足をつけて土台をつくる」との方針で、前半はボールを使わない練習に終始。第1クールはフリー打撃すら行わず、キャンプ打ち上げ前日の20日になってようやく初の実戦となる紅白戦を1試合やっただけだった。

 キャンプ打ち上げ後も栗山や岸、牧田ら主力14人はそのまま南郷に残って練習。22日から始まったオープン戦は若手主体という徹底ぶりなのだ。

 これに、選手が「試合勘がつかめない」と不安を漏らしても、伊原監督は「昔はどの球団もキャンプは練習中心だった」とピシャリである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る