日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

リプニツカヤに李子君…ネットに出回る羽生との“2ショット”

 ソチ五輪男子フィギュア金メダリストの羽生結弦(19)の人気は、天井知らずだ。

 テレビが連日取り上げる一方、ツイッターには羽生の発言を自動配信する「羽生結弦bot」まで登場。すでにフォロワー数は、1万2000超にのぼっている。画像を配信する「羽生結弦ファン」も大ウケで、8100フォロー超を数えている。

 スラリと伸びた長い手足に、女のコ顔負けの小顔。髪はサラサラで、アニメの世界から飛び出してきた王子様のようなルックスだ。アイドル顔負けのフィーバーも納得だが、それが日本国内にとどまらず、グローバル展開だからスゴイ。

「ソチ五輪の現場でも、人気はすごかったです。羽生を取材した世界各国のメディアや現地の大会関係者からも、撮影をせがまれていました。多忙なスケジュールで疲れが溜まっているだろうに、イヤな顔ひとつせず求めに応じるので、ますます好感度がアップしてましたよ」(メディア関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事