「未完の大砲」DeNA筒香嘉智 5年目でついに“尻に火”

公開日: 更新日:

「高校の時からスイングスピードが落ちたね。40代のオッサンみたいなスイングだよ」

 他球団のスコアラーから嘲笑が漏れた。キャンプ序盤の頃だった。

「超高校級野手」と騒がれ、09年ドラフト1位で入団するも、プロ4年間で打率・222、20本塁打。中畑監督からは何度もダメ出しをされ、昨オフはフェニックスリーグでの不振を理由に、秋季キャンプメンバーから外された。

「周囲の意見を聞き入れようとしすぎじゃないか。トップの位置が決まらず、打撃フォームがコロコロ変わる。『ドラ1』だから、評論家たちがアレコレ言うのは仕方ないが……。昨秋も釣りざおでスイング練習をするなど、いろいろ取り入れようとする姿勢はいいものの、まだまだフォームが確立されていない印象です」(冒頭のスコアラー)


 そんな「未完の大砲」は今季、いよいよ定位置の三塁から左翼に追い出された。三塁手のバルディリスが加入したからだ。慣れない左翼守備は、連日の特守で猛特訓中。蓬莱外野守備走塁コーチは、「左翼は十分に出来る。球際がしっかりしていて、肩は強く、送球も正確。思ったよりも適性があるかもしれない」と太鼓判を押す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  8. 8

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    安倍は森友と桜の2大疑惑が同時に司法の手にかかり断末魔

もっと見る